概要

日数: 21日間 タイプ: トレッキング
難易度: 上級

1 人: US$ 6,020   (US$ 7,020)
2 人: US$ 5,820   (US$ 6,820)  /1人
3 人: US$ 5,220   (US$ 6,220)  /1人

※バンコクからの航空券料金、ビザ費を含んだ料金です。カッコ内はハイシーズンの料金です。ブータンの公定料金はしばしば変更されます。本表記が過去のものであり、変更している場合がございます。最新の情報を表記するよう努めて参りますが、詳細の料金はお問い合わせください。

旅行に特に適しているシーズン: 5月,10月,11月

ラヤ・リンシトレッキング

ラヤ・リンシトレッキングは,ルナナ・スノーマントレッキング(Lunana Snoman)に次いで,ブータンにおいて2番目にタフなトレッキングコースとして知られています。

トレッキングは15日間に渡り,4つの峠越えを経験します。パロから始まり,チョモラリのベースキャンプに行きます。チョモラリとはブータンで有名な高山です。その後,ニエル峠(Nyele
La)を登ると,トレッキングコースはチベット国境と並行したものになります。

そして下っていき,一つ目の農村であるリンシ(Lingshi)に到着します。この村は12以上の僧が家としているリンシ・ゾンの500年にもわたる拠点になっています。ここからは5005mのこのトレッキングコース内で最高高度であるシンチェ峠(Sinchey La)を超えるまで急な峠越え,狭い尾根の通過,急勾配な渓谷が続きます。高度が身体に及ぼす影響を感じられることでしょう。シンチェ峠を越えると,ラヤ(Laya)まではのんびりとした下りになります。

ラヤ(Laya)はブータン国内最大級の山岳農村です。このエリアでは独自の文化が残っており,服装が特殊で,女性によって編まれた帽子をかぶっています。ラヤから大規模なゾンと温泉で有名なガサ(Gasa)まではまた緩やかな下りになります。ガサ温泉で一日休憩を取った後,あとはゴール地点であるプナカまでトレッキングが続きます。

山々でのトレッキング以外にも,このご旅行ではブータンの文化的な中心地であるブータン西部を訪れます。ブータン西部は国内の他の地域より発展しており,主要な政府機関や王様や王様の事務局は首都のティンプー,ブータン唯一の飛行場はパロといったように,重要な都市は西部に位置しています。また,プナカは古都であります。

ラヤ・リンシトレッキング | 予定詳細

1日目
タイのバンコクからブータンのパロへのフライトは約5時間です。このフライトからはエベレストやカンチェンジュンガといったヒマラヤの高峰はもちろんのこと,チョモラリやジチュドラッキといったブータンを代表とする名峰を望むことができます。到着後は我々のガイドがお客様をお迎えし,ホテルにお連れいたします。昼食をとった後に17世紀の歴史について国立博物館で知ることが出来ます。17世紀に建設されたパロ・ゾンは大きな城砦であり,現在は僧院として用いられております。このパロ・ゾンへの見学はブータン仏教の良い紹介になるでしょう。パロ・ゾンからの帰り道は気持ちの良い下り道であり,張り出し工法で架けられた川を渡ることにより,このマジカルキングダムでの初日を気持ちよく締めくくってくれることでしょう。

パロ泊 | 標高: 2200 m

2日目
タクツァン僧院またの名を虎の巣穴は,仏教徒にとっての崇拝の場所になっています。この神秘的なお寺は,谷の約800m上のほぼ垂直に切り立った崖の上にしがみつくように建てられています。伝説では,8世紀に密教の教祖であるグルリンポチェが虎の背中に乗ってこの崖にたどり着き,いまお寺が建てられいる場所にある洞窟で瞑想をしたそうです。このお寺へのハイキングは午前中一杯かかります。午後には1200年の歴史を持つキチュラカン寺において,今後の旅の安全と幸運を祈り,特別な仏教的セレモニーを行います。

パロ泊 | 標高: 2200 m

3日目
ラヤ・リンシトレッキングのスタートです!

パロからシャナ(Shana)へ

距離: 15キロ
トレッキング時間: 6時間
宿泊地点高度: 2800m

ドラギャル・ゾン(Drugyal Dzong)はチベット人との戦争の戦勝記念として1654年にシャブドゥン(Shabdrung)によって建立されました。何世紀にも渡って,このゾンがチベットからパロのこのルートを守ってきました。ここを私達のトレッキングのスタートとします。約1時間パロ川の上流をツェント(Tshento)村を通りながら,舗装されていない道を歩きます。道中の友人宅の家でランチにします。また,宿泊キャンプ地に到着前に軍隊が管理しているチェックポイントを通過します。ここで,ガイドがお客様の通行許可証を作成いたします。

4日目
シャナ(Shana) からタンタンカ(Thangthangkha)へ

距離: 21キロ
トレッキング時間: 8時間
宿泊地点高度: 3630m

シャナ(Shana) からタンタンカ(Thangthangkha)へのパロ川に沿ったルートは,岩の多い場所を通過することになり,また雨が降るとドロドロになる可能性があります。約2時間半のトレッキングをしたところで,チベットへ行く分かれ道があります。チベットには行かないように気をつけてくださいね!

5日目
タンタンカ(Thangthangkhaからジャンゴタン(Jangothang)

距離: 16キロ
トレッキング時間: 6時間
宿泊地点高度: 4090m

この日は樹木限界線(4000m)を超えることになり,樹木がまばらでヤクの群集が多くなる地域に入ってきます。キャンプ地であるジャンゴタン(Jangothang)からは,美しきチョモラリをすぐ目の前に望むことができます。ジャンゴタンとは,没落した地域という意味であり,この地域ではゴーストタウンのような誰も住んでいない住居も見ることが出来ます。

6日目
高度順応と休息の日です。元気な方は,ジャンゴタンから約2時間の,標高4300mにあるツォフ(Tshophu)湖までのハイキングもお勧めします。

7日目
ジャンゴタン(Jangothang)からリンシ(Lingshi)へ

距離 : 17キロ
トレッキング時間: 7時間
宿泊地点高度 : 4090m
通過地点高度:ニエル峠(Nyele La), 4890m

ジャンゴタンから登りになり,最初の峠を越えていきます。4時間に及ぶ登り道の末に風の強い4890mのニエル峠に到着します。小石が転がる山道は,下り道は若干難しくしているかもしれません。そのうち,リンシ・ゾンが向こうのほうに見えるようになります。

8日目
リンシ(Lingshi) からチェビサ(Chebisa)へ

距離: 12k
トレッキング時間: 5時間
宿泊地点高度: 3880m

この日からは少しトレッキングが楽になり,周囲の景色を楽しむ余裕も出てくるでしょう。まずは1600年代にシャブドゥン(Shabdrung)によって建立されたリンシ・ゾンを訪問します。3時間くらいはドラマティックな農村であるガンギュル(Gangyul)を通ります。ここでは自然の円形競技場のような景色を見ることができるでしょう。我々のキャンプ地は風の強いチェビサ(Chebisa)であり,石造りの2階建ての建物になります。

9日目
チェビサ(Chebisa)からシャケイパサ(Shakaypasa)へ

距離: 16キロ
トレッキング時間: 6時間
通過地点高度: ゴク峠(Goku La), 4350m
宿泊地点高度: 3880m

チェビサ(Chebisa)からの2時間の登りによりゴク峠(Goku La), 4350mに到着します。峠からはシャクナゲの渓谷に下りていき,ヤクを飼っているエリアを抜けて,シャケイパサ(Shakaypasa)へに到着します。

10日目
シャケイパサ(Shakaypasa)から ツェリンヤン(Tsheringyangu)へ

距離: 17キロ
トレッキング時間; 7時間
通過地点高度: ジャリ峠(Jari La), 4747m
宿泊地点高度: 4000m

早朝からジャリ峠(Jari La), 4747mに向かいます。その峠から ツァリジャシャ(Tsharijatha)という絵のような渓谷まではずっと下りになり,夏にはブータンの国に動物に指定されているタキンも見ることができます。ここからは少しだけ登って,キャンプ地であるツェリンヤン(Tsheringyangu)に到着します。

11日目
ツェリンヤン(Tsheringyangu)からリミタン(Limithang)へ

距離: 18キロ
トレッキング時間: 7時間
通過地点高度: シンチェ峠(Sinche La), 5005m
宿泊地点高度: 3890m

雪豹のエリアです。とても見つけにくい動物ですので,実物を見つけることは出来ないかもしれませんが,運がよければ足跡を見つけることはできます。早朝に出発し,このトレッキングコース内で最高高度であるシンチェ峠(Sinche La), 5005mを通過します。峠からリミタン(Limithang)へ下りていき,その道中では雪に覆われたガンチェンタ(Gangchenta)という6840mの山を見られます。この付近は氷河によって形作られた渓谷であり,ガンチェンタとは偉大なる虎の山という意味があります。

12日目
リミタン(Limithang)からラヤ(Laya)へ

距離: 10キロ
トレッキング時間: 5時間
宿泊地点高度: 3840m

ヤクの多いラヤ地域に入ってきました。ラヤには西から進入し,家々の間の敷石のしかれた道を通り,我々の友人の麦畑にてキャンプします。

13日目
休息日。ラヤ周辺を散策ください。

14日目
ラヤ(Laya)からコイナ(Koina)へ

距離: 16キロ
トレッキング時間: 6時間
宿泊地点高度: 3010m

ラヤから2時間下ると,タキマカン(Taktsimakhang)という小さな陸軍チェックポストになります。この地点からもう少し行くと道は分かれ道になり,左に行くとルナナ(Lunana)に向かいスノーマントレッキングコースになります。,コイナ(Koina)はブータンで最も過酷なキャンプサイトと言われており,特に雨の日はひどいです。

15日目
コイナ(Koina)からガサ・ツァンチュ(Gasa Tshachu)温泉へ

距離: 18キロ
トレッキング時間: 7時間
宿泊地点高度: 2200m

ジュニパーやトウヒといった木々が松に変わってきます。ごつごつした下り道を下ると,ガサ・ゾンが見えてきます。ガサは主要な都市から遠隔地であり,車用の道路が無いにもかかわらず,知事のオフィスがあるような行政の拠点になっております。また温泉はゾンから1時間半下ったところにあります。

16日目
休息日。ガサ・ツァンチュでお湯に浸っていてください。

17日目
ガサ・ツァンチュ(Gasa Tshachu)からプナカへ

距離: 17キロ
トレッキング時間: 7時間

トレッキング最終日です。ガサ・ゾンは振り返れば見れます。ダムジ(Damji)村での昼食後に,さらに2時間歩くとカビナ(Kabina)に到着し,我々のトレッキングクルーとのお別れです。そこで車が待っており,悪路を通って,プナカにあるホテルまで2時間のドライブになります。

プナカ泊 | 標高: 1250m

18日目
プナカからティンプーへ

距離: 80キロ
移動時間: 2時間半

プナカは1950年代まではブータンの首都でした。今日では,宗教的指導者や僧達は,冬の寒い頃にはティンプーからプナカに移動して,冬の間はプナカで過ごすことになっています。プナカは夏では熱帯的な気候であり,山や谷では多くのフルーツや米がなります。昼食後に皆様を,ブータン芸術の結晶であるプナカ・ゾンにお連れいたします。プナカ・ゾン訪問後に,ドチュラ峠(3000m)を通って,首都ティンプーに向かいます。

ティンプー泊 | 標高: 2400m

19日目
ティンプー散策になります。メモリアル・チョルテン,タキン動物園,織物博物館,伝統的絵画学校,国立博物館,ティンプー・ゾン,マーケット,民間遺産博物館等にお連れします。

ティンプー泊 | 標高: 2400m

20日目
ティンプーからパロへ

距離: 60キロ
移動時間: 1時間半

昼食までティンプー観光をし,昼食をティンプーで取った後,午後にパロに到着します。

パロ泊 | 標高: 2200 m

21日目
パロ国際空港からタイのバンコクへは早朝のフライトになります。